正社員と契約社員の違いをみてみましょう

転職で天職探し

契約社員とは

正社員とは違う雇用契約を結んでいる期間が決まっている労働者の事を契約社員といいます。

今までは、1年以内が契約社員の期間となっていたのですが、平成16年に法律の改正があって、通常で3年、専門職になると、5年を上限とするようになりました。

契約社員は、実際に働く会社と直接契約を結びますので、派遣社員とは違います。ですので、働く会社によって条件などが違ってきます。

仕事としては、責任のある内容の事は任されません。基本的に正社員の人の補助役のような形になります。
ですので、給料面では正社員の人よりも少なくなりますが、高い専門能力をもっていれば、正社員の人よりも高い給料を貰う人もいます。

メリット

自分の専門としている事に参加をして力を発揮する事ができます。また、そのような場合に成果に見合った給料を貰う事が出来ますので、やりがいがあると思います。
他にも、契約を更新する時に、昇給があったり、賞与が出たりする可能性もあるのです。
一つの会社で働く期間が決まっていますので、色々な職業を体験する事ができるのです。

デメリット

契約期間が決まっていて、契約が切れた時に、次の仕事がすぐに見つかると言う保証はないですので、収入が不安定になってしまいがちです。
また、どうしても正社員の人よりも給料面では下になってしまいます。賞与もほとんどの会社で無いです。

recommend

表参道 美容室
http://www.lauleas.com/

Last update:2017/1/24

▲ページトップ

Copyright (C) 2008 転職で天職探し. All Rights Reserved.