様々な雇用形態を知って、より働きやすい雇用形態を知りましょう

転職で天職探し

派遣社員とは

正社員や契約社員は会社と直接契約をして働きますが、派遣社員は働く会社と直接契約を結ぶのではなく、派遣会社と契約は結びます

派遣社員は、派遣の法律があり、「一般労働者派遣」「特定派遣」「紹介予定派遣」と言うような3つの契約の形態があるのです。

「一般労働者派遣」

一番よく使われる派遣の形態です。登録型派遣とか、一般派遣と言われたりもします。これは、仕事をしたい人が派遣会社に登録をしておきます。そして、派遣会社が他の会社から依頼があったら依頼をしてきた会社の条件と合う人を登録されているデーターから探して、会社に派遣をするのです。

「特定派遣」

どこかの会社に派遣される事が前提で派遣をする派遣会社と雇用契約を結んでいます。派遣先では一般労働者派遣と同じになるのですが、派遣会社に雇用されている身ですので、派遣先がない場合でも収入が無くなる事はありません。

「紹介予定派遣」

派遣されて最初のうちは派遣社員としてその会社で仕事をするのですが、将来的には、その会社の社員となる予定を持つ事になります。
派遣の期間が満了する時に、会社側と本人とが話し合い、双方が望む場合に、直接雇用の契約を結ぶ事になるのです。

メリット(一般労働者派遣)

自分の得意な事や、好きな事を仕事に活かす事が出来ます。特に専門的な仕事では能力を発揮する事ができます。また、働く場所や、時間も選ぶ事ができるのです。
一つの会社に縛られる事もありませんので、案外自由に仕事をする事ができます。また、社内での人間関係で悩む事も少ないと思います。
他にも、自分で仕事を探さなくても派遣会社が探してくれるので、楽をして(?)色々な会社で経験を積む事もできるのです。

デメリット(一般労働者派遣)

常に派遣の仕事があるとは限りませんので、収入がない時期もあります。
また、自分の望むような仕事が必ず見つかるともかぎりませんし、それでもやらないといけない時もあります。
また、交通費や、賞与なども出ないのが普通となっています。

おすすめWEBサイト 5選

フロアコーティングの業者選び!東京で口コミがいい評判の業者を比較

2018/6/13 更新

▲ページトップ

Copyright (C) 2008 転職で天職探し. All Rights Reserved.